テナント入居前に押さえておきたい注意点!

【北九州市】テナント探しで押さえたい注意点

北九州市でテナントを探すにあたり、入居前に知っておきたい注意点があります。あらかじめ知っておくことで、時間や費用などの面で損をしたり、不要なリスクを抱える可能性を低減できます。こちらでは、テナント探しでよくあるトラブルや回避方法をはじめ、テナントを契約する際に必要な初期費用、定期借家契約の詳細とメリット・デメリットなどをご紹介します。

テナント入居前に知りたい注意点

北九州市で店舗や事務所などのテナントをお探しの方へ入居前の注意点をご紹介します。テナント探しをスムーズに進める場合、まずはテナント探しの注意点を把握することをおすすめします。こちらでは、入居前に知っておきたいテナント探しでよくあるトラブルと回避方法、初期費用についてご紹介します。

テナント探しでよくあるトラブルと回避方法

テナント探しでよくあるトラブルと回避方法

テナント選びはビジネスの成功に大きく影響を与える要素の一つです。ビジネスでの失敗を防ぐうえでも、テナント探しは慎重に行う必要があります。その際、押さえておきたいポイントとしてよくあるトラブル例と回避方法が挙げられます。店舗や事務所などのテナントを探す前に確認しておきましょう。

◇契約書をよく読まずに契約した!

契約書や重要事項説明書は文字が細かく、聞き慣れない難しい言葉が多くあります。そのため、よく読まずに契約してしまい、後からトラブルになるケースも少なくありません。また、口約束の契約で「言った・言わない」の水掛け論となり、トラブルに発展することもあります。

 

【トラブル回避方法】契約内容や賃貸契約の種類をしっかりと確認する
店舗や事務所のテナントを契約する際は、契約内容と賃貸契約の種類を確認しましょう。物件の概要や賃料、引き渡し時期などが記載された契約書は、細部まで目を通してください。また、賃貸契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」があり、どちらの契約をしているか確認が必要です。貸主との合意事項は必ず契約書などの書面に残すことで、トラブルを防ぐことができます。

◇敷金なし・保証金なしのテナント契約でその他の費用が発生!

初期費用を抑えることも目的に敷金なし・保証金なしのテナントは、北九州市でも人気があります。しかし、敷金なし・保証金なしでも、実際に店舗や事務所などのテナント契約時には礼金や保険料といった費用が必要となります。かかる費用の全てを考慮していなかったため、予算が足りないという事態になるケースもあります。

 

【トラブル回避方法】必要な費用や支払先・支払期限を確認する
最近では、北九州市ではもちろん、全国で敷金なし・保証金なしのテナントが増えています。契約時に予算不足にならないよう、賃料や仲介手数料、保険料など必要な費用をあらかじめチェックしておきましょう。また、賃料や礼金は貸主、仲介手数料は不動産会社と、それぞれ支払先が異なる場合も多いため、支払先や支払期限もしっかり確認することが重要です。他にも、敷金なし・保証金なしのテナントでも礼金は必要か、契約の取消をした場合にいつから違約金が発生するのかなどの確認も欠かせません。

◇用法違反で貸主から契約解除を求められた!

契約前にテナントの使用目的について貸主と合意していないと、用法違反で貸主から契約解除を求められる場合もあるので注意が必要です。

 

【トラブル回避方法】使用目的や内装工事・原状回復の範囲を確認する
テナントを店舗や事務所として使用するなどの目的、どのような内装にするのかなど、契約前の交渉段階から貸主の了解を得ることが重要です。また、退去時のトラブルを避けるためにも、原状回復の範囲もテナントを契約する前に明確にしておきましょう。

必要な初期費用とは?

テナント契約の際の初期費用について

店舗や事務所などのテナントを契約する際は、様々な費用が必要となります。予算不足にならないためにも、必要な初期費用を確認しておきましょう。

◇内装工事費

店舗や事務所として使用するために、テナントの内装工事が必要です。内装工事費は規模の大きな店舗や事務所、凝った内装にした場合に高くなります。居抜き物件の場合、前の店舗や事務所の内装をそのまま使用できるので、内装工事費を抑えることができます。

◇保証金

一般的に賃料の6~10ヶ月分が必要で、契約時に貸主に預けます。賃料延滞などのトラブルがなければ、退去時に全額返還されます。最近は北九州市でも敷金なし・保証金なしのテナントもあります。

◇共益費・管理費

共益費は建物の共有部分や共有設備の維持・管理などにかかわる費用です。管理費は建物の全体を維持・管理するための費用を指します。共益費や管理費は賃料に含まれている場合もありますが、テナントによって異なるので契約前に確認しましょう。

◇前家賃

テナントに入居する月と次月の賃料を前家賃として支払います。月の途中に入居する場合は日割りで計算します。

◇礼金

貸主に契約のお礼として支払うのが礼金です。礼金は貸主に返却義務がなく、法令などで定められていないため、最近は礼金なしのテナントもあります。

◇各種保険料

テナントを店舗や事務所として使用する場合、契約時に火災保険などに加入することが求められます。

◇仲介手数料

不動産会社に仲介を依頼して入居する場合、仲介手数料として一定の金額を支払います。

◇手付金

一定期間、テナントの契約をキープするために必要な費用です。契約を前提としているので、契約しなかった場合は返還されません。貸主の都合で契約できなかった場合は、手付金の倍額から数倍の金額が要求される場合もあります。

テナント探しで押さえておきたい定期借家契約

テナント探しがスムーズに進み、いざ契約する際は賃料や保証金などの費用だけではなく、契約の種類の確認も必要です。賃貸契約には「定期借家契約」と「普通借家契約」がありますが、その違いをご存じでしょうか。こちらでは、テナントを契約する際に押さえておきたい定期借家契約と普通借家契約の違い、定期借家契約のメリットとデメリットについてご紹介します。

定期借家契約とは?

定期借家契約とは?

北九州市で店舗や事務所としてテナントを契約する前に、定期借家契約と普通借家契約の違いを理解しておくと安心です。

◇定期借家契約

定期借家契約は契約期間の満了時に必ず契約が終了するため、契約が更新されることはありません。そのため、借用者は契約期間が満了するタイミングでテナントから退去するか、貸主と新しい契約条件に合意したうえで、再契約を結ぶ必要があります。つまり、定期借家契約はテナントの契約期間を貸主の意思や事情で決定することができます。

◇普通借家契約

一般的な契約である普通借家契約とは、契約期間の満了時に更新契約を結ばなくても、自動で更新される契約のことです。契約期間の満了時に借用者が更新を希望した場合、原則契約を更新することができます。言い換えれば、貸主は正当な理由がある場合を除き、契約を更新しなければなりません。

 

費用をかけて店舗や事務所の内装工事を行い、北九州市でビジネスが軌道に乗っていても、契約期間が満了すると退去が必要になる場合があります。テナントの契約時には定期借家契約と普通借家契約のどちらなのか、契約内容をしっかりと確認しましょう。

メリットとデメリット

定期借家契約のメリットとデメリット

借用人にとって、定期借家契約はデメリットばかりに感じられるかもしれません。しかし、メリットもあります。メリットとデメリットを比較したうえで、定期借家契約でのテナント契約も検討しましょう。

◇定期借家契約のメリット

・賃料などの費用が安い
普通借家契約と比べて、安い賃料で入居できることができます。定期借家契約はテナントの契約更新ができないので、借用人から敬遠されがちです。そこで、周辺相場よりも賃料や保証金などを下げて入居者を誘致しています。また、契約期間中に賃料の変動がない点もメリットといえます。

 

・更新料が不要
一般的に普通借家契約は2年に一度、賃料1ヶ月分の更新料が必要です。契約更新のない定期借家契約の場合、更新料は発生しないためコストを抑えることができます。

 

・審査に通りやすい
定期借家契約は契約時に退去する時期が決まっています。そのため、審査に通りやすい傾向があります。

 

・原状回復義務の免除
建て替えや再開発の予定があるなどの理由から貸主が定期借家契約を設定している場合、退去時の原状回復義務が免除される可能性があります。

◇定期借家契約のデメリット

・契約更新ができない
定期借家契約の大きなデメリットは、契約更新の時期ができないことです。どんなにお店が繁盛しても、契約満了時には退去しなくてはなりません。

 

・途中解約ができない
契約更新だけではなく、契約で定めた期間の途中解約もできません。ただし、特約によって、賠償金を支払うことで途中解約できるといった場合もあります。

 

・再契約時に初期費用が必要
契約満了時に再契約する場合、また一からの契約となるため貸主との条件交渉が必要になります。さらに、保証金や前家賃、礼金などの初期費用もかかります。また、必ず再契約できるとは限らない点にも注意しましょう。

北九州市でスピード重視のテナント探しならアップリバーへ!

テナント探しが成功するかどうかは、仲介を依頼する不動産会社がカギを握っています。北九州市にあるアップリバーでは、敷金なし・保証金なしの物件など、北九州市を中心に様々な店舗や事務所をご紹介しています。なかなか希望に合った物件が見つからないなどお困りの方は、地域密着で小回りの利いたスピード対応に定評のあるアップリバーまでお気軽にご相談ください。

 

物件検索はこちら

不動産売買の基礎知識

テナントに関する基礎知識

北九州市でテナント物件の初期費用に関するご相談ならアップリバー

会社名 株式会社アップリバー
代表者 川上 大志
住所 〒802-0032 福岡県北九州市小倉北区赤坂1丁目4−3−2F
TEL 093-482-2660
FAX 093-482-2661
URL https://www.upriver-estate.co.jp/
営業時間 9:00~18:00
定休日 日 / GW、お盆、正月
交通アクセス 西鉄バス「赤坂」 停歩3分
免許番号 福岡県知事免許(1)第18787号
所属団体 (公社)福岡県宅地建物取引業協会会員 (一社)九州不動産公正取引協議会加盟
保証協会 (公社)全国宅地建物取引業保証協会